Featured Posts

オフィス移転は業者に依頼 Rss

電話工事にかかる費用の内訳

Posted on : 15-08-2012 | By : admin | In : オフィス移転

0

電話工事にかかる費用は、新規に配線をするのか、屋内配管があるか、マンションか一軒家か、工事人の判断によって異なるので一概にいくらかかるとは断言できません。しかし電話工事にかかる費用は、基本工事費と交換機等工事費と屋内配線工事費と機器工事費の4つを合計した金額になります。よって、自宅の電話配線状況を知っていれば、おおよその費用は計算できます。以下では、私が電話工事をした際に負担した費用を参考までに記載します。

まず最初の基本工事費ですが、これは業者が自宅で作業をするか自宅に行かないで終えるかによって異なります。私は自宅に来てもらったので4000円ほどかかりましたが、業者が来ない場合は1000円程度で済みます。多くの方は自宅で作業してもらうのが現状です。次に、交換機等工事費は基本的に1000円で固定です。ただし、新規に電話を申し込む場合は無料になります。屋内配線工事費は、既設の配線を使うか新規に配線を作ってそれを利用するかで料金が異なります。

私は既設の配線を利用できたので2500円程度でしたが、新設する場合は倍ほど費用がかかるようです。集合住宅で工事を依頼する場合は、ほとんど既設の配線で間に合うことが多いです。最後の機器工事費は、これは使用している機器によって異なるので、一概に言えません。私の電話はファックス機能が付いているので、少しお金がかかりました。私の場合は合計で8000円程度でした。作業してくれる業者の判断によって異なることもあるので、工事を依頼する際に話し合って工事をすることをお勧めします。

別荘の電話工事は予想以上に費用がかかった

Posted on : 14-08-2012 | By : admin | In : オフィス移転

0

別荘の電話工事は予想以上に費用がかかりました。というのは、ぼくの別荘、正確には父親のものですが、そこは山林の中に一軒だけ立っているといった感じなのでそこに電話工事をするとなると近くの道からそこまでの電柱をを何本も立てなければいけないうえに、その家の電話をつなぐ作業をしなければいけないために、予想以上に費用がかかってしまうわけです。その電話工事のためにある程度は出費を考えていたけれどここまで費用がかかるとは予想外だったそうです。

電話については今は回線だけ引いているだけで電話回線は使っていません。今では携帯電話の方を使っているため電話を使う必要がないためです。携帯電話の方が安上がりなので今では携帯電話にしています。しかしその別荘を建てた当時は携帯電はほとんど竜注しておらず、あったとしても非常に高いので、電話回線を引きました。当時はトランシーバもかなり広く流通していたためそれも考えに入れたのですが、トランシーバは山林の中ではうまく伝わらないそうです。

お金がかかったのは電話回線の工事だけではありません。電気もそうです。電気と電話は同じ電柱を使っているためにそれも含めてということになりますが、それもかなりお金がかかりました。水道は井戸水にしたためそこまで巨額な金額はかかりません、あと、火は、大きな灯油の入れ物に定期的に給油するといった感じにしました。全部合わせるとかなりの費用になりましたが、その別荘はなかなかよくできており、長らく使って行けるため大のお気に入りです。

電話工事費用の適正価格を知る

Posted on : 12-08-2012 | By : admin | In : オフィス移転

0

電話工事費用は、その工事を施工する業者によって大きく異なるものであり、電話工事に対する適正な費用を知ると言うことは、実際にその工事を依頼する人にとって非常に重要な事柄となります。これは、電話工事と言うものは日常生活にとって欠かす事が出来ない工事内容となり、その内容は業者間によって大きな差が生まれるものではないと言う事を知っておくことがその工事を依頼する人が認識を持っておく事が非常に重要なこととなります。

これは、その運用において不都合が生じるようなことであっては問題がありますが、このような工事においてはその事柄は当たり前の事柄であり、その運用に対して問題がある工事内容であればその修正工事を行うことはその業者側の義務となり、その工事を請け負う上で当然の事柄ですので、その運用に対して不都合があるようでしたら、その業者に対してクレームを入れればすぐに修正の工事を行ってくれますので特に気にすることは無いはずです。

このように、運用面での事柄があくまでもメインとなる電話工事と言う事柄に関しては、その費用対効果と言うものは大きく求められる事柄ではありませんので、その工事に対する費用面を重要視してもさほど大きな問題が起こるような事柄ではありませんので、ある程度その費用に対してを重要視してその依頼をかけ、複数の業者に対して費用の算出をしてもらい、最安値の業者選びを行っても大きなトラブルを引き起こすような事はほとんどありません。

引っ越し業者に、オフィス移転を任せる強み

Posted on : 12-08-2012 | By : admin | In : オフィス移転

0

オフィスに関連した業務・サービスを提供している専門業者は、時代とともに数を増しています。専門業者の強みは、それぞれが独自に持っているからこそ、より際立ちます。だからこそ、オフィス移転を、引っ越し業者ではなく、オフィス移転専門の会社に依頼することも検討されるようになりました。しかし、引っ越しの専門業者ならではの強みは、オフィス移転であっても頼もしいです。荷物の取り扱いや、精密機器の運送以外にも、強みがあります。


オフィス移転のみを専門として請け負う会社では、オフィスの構造や引っ越し手順に詳しくても、実際の作業では、専門性の高い知識が少なかったり、引っ越し業者より実績が少なかったりすることもめずらしくありません。以前は、重要な書類の取り扱いは、オフィス事情に詳しい専門会社のほうが安心して任せられるイメージが強かったですが、最近は、引っ越し業者でも、運送する荷物の重要性が着目されるようになり、貴重品や重要書類扱いのサービスの質が向上しています。


引っ越しの実績が高いため、運送時の手配や、各工程のグループ作り、移転に必要な各種手続きなどにも詳しいです。とくに、オフィス専用の家具や製品、パソコンなどの精密機器類は、特殊な運び方でオフィス移転先に届けなければならないことがあります。引っ越し業者であれば、交通事情にも詳しいため、運送時に必要な車種も明確に判断してもらえるだけでなく、事前に手続きをしておかなければならない運送許可の手配などもお任せすることができます。

複数の専門業者を利用し、正確で間違いのないオフィス移転を実行

Posted on : 11-08-2012 | By : admin | In : オフィス移転

0

オフィス移転は、一般的な居住向け住宅の引っ越しとは違い、飲食店や小売店などの引っ越しとも異なる手順で進められます。会社の中心であるオフィスを移転する場合、機密書類を動かす可能性もありますし、精密機器の移動も行われます。今までのオフィスで無線・有線などのネットワーク環境が整っていたなら、オフィス移転先も同様のネットワーク環境を再度整えなければなりません。電話回線も、再度契約・設定を行う必要があります。


それぞれの作業を、すべて引っ越し業者にお願いしたいと思うのも無理はないですが、重要な業務を取り扱うオフィス移転を、間違いなく、正確に実行したいのであれば、複数の専門業者に依頼することが適した移転手段になります。書類や荷物、精密機器、オフィス家具などを動かすプロは引っ越し・運送業者です。ネットワーク環境は、引っ越し業者ではなく、オフィス向けのネットワーク構築を専門とするインターネットサービス業者が心強いです。


電話回線も、ビジネスフォンなどに詳しい専門業者を利用するのが好ましいです。それぞれのジャンルの専門業者を、複数利用することになれば、手間が増えると思われることがありますが、実際はその道のプロに見合った利用になるため、安全で確かなオフィス移転が実現するわけです。後に不具合が起きたとき、専門業者に依頼しておけば、アフターサービスも万全に整えられています。長い目で見ても、複数の業者を利用したほうが、間違いのないオフィス移転ができます。